近年、日本では食の欧米化に伴って肥満の人が増加しています。
平成27年度の国民健康・栄養調査では、男性の約3割、女性でも約2割の人が肥満であるとの結果が出ています。
特に男性の肥満者の割合は年々増加傾向にあり、肥満は大変身近な問題となりつつあります。

最近ちょっと太ってきた、お腹まわりが気になり始めたなど肥満に関する悩みを抱えている方も多いことでしょう。
実はこの肥満、そのまま放っておくととっても危険なんです。
肥満を放置するとどのような危険があるのか説明していきましょう。

*肥満ってどういう状態を言うの?
肥満という言葉はよく聞かれるものですが、それがどのような状態かと言われるとはっきりわからないという方も多いかと思います。
ただちょっと体重が増加したり、体に肉がついたというだけでは一概に肥満と言うことはできません。
日本肥満学会では、肥満の定義を以下の様に定義しています。

BMIが25.0以上で、かつ
①肥満に関連する高血圧や高脂血症、糖尿病などの健康障害がある
②内臓脂肪が蓄積している
のいずれかの状態の場合は「肥満症」と診断され、医学的な治療が必要な状態となります。

BMIとは身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数で、体重(kg)÷身長(m)の2乗で計算できます。
例えば身長150cm、体重50kgの人が居たとすると、50÷1.5の2乗=22.222…となり、BMIは約22.2となります。
この数値が25.0を超えることが、肥満の最初の条件と言えるでしょう。

①は肥満によって引き起こされている病気の有無を問うもので、この他にも痛風や脳梗塞、脂肪肝などが挙げられます。
②は腹囲を目安として判断されます。
腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上あれば内臓脂肪型肥満の疑いがあるとされ、CTスキャンを用いて判定されます。
これらの条件を満たした場合、初めて肥満と診断されるというわけです。

肥満かな、と気になった方はご自身のBMIを計算してみるといいかと思います。
電卓が1つあれば、簡単に計算することができますよ。
計算して数値が25.0以上になった方は要注意です。

ただし筋肉が沢山ついている方はその分体重も増加するので、これだけで肥満と判断することはできません。
お腹回りをメジャーなどで測って、上述した数値に当てはまらなければ肥満とは言えません。
あくまで内臓脂肪が蓄積した状態を肥満と言うのであって、適正体重よりも重いから肥満なのではないということを覚えておいてください。

→次ページへ続く